YouTubeで釣り動画を配信中!!

【アラスカ】オーロラ観測での服装+持っていって良かった物

こんにちは、いっせいです。

過去に1ヶ月間アラスカの山小屋にこもり、オーロラの観測をしていたことがあります。

その経験から、オーロラ観測での服装とその他必要だった物を紹介します。

ちなみに滞在していた場所はアラスカのフェアバンクスです。

それではまず最初にオーロラ観測で着ていた服装、また持っていって良かった衣類を紹介します。

オーロラ観測での服装

オーロラ観測で着ていた服装をリストにしてまとめました。

  • ニット帽
  • 耳当て
  • ネックウォーマー
  • Mountain Equipmentのジャケット
  • モンベルのフリース
  • ユニクロのヒートテック
  • モンベルのズボン
  • スキー用のズボン
  • 厚手の靴下
  • スキー用の手袋

このくらいしっかり着れば体は寒くありませんでした。

ニット帽

生地が厚手で、耳まで覆えるものを持っていきましょう。

おすすめはNorth Faceのニット帽です。オーロラ観測の時も使っていたものです。

耳当て

しっかりと覆えればなんでもいいと思います。

ただ上に紹介したニット帽は耳まで覆えるのでそれがあれば耳当てはそれほど必要ではありません。

ネックウォーマー

ネックウォーマーは必需品です。

必ず持っていくことをおすすめします。

必要だった持ち物・持っていって良かったもの

足先はカイロで温めていた

しかし、どうしても足の指先が冷たく痛くなってしまうため、中にカイロを入れていました。

そのカイロはフェアバンクス市内のアウトドアストアで買った物です。なぜ買ったかというと、もうアラスカ市内を歩いているだけで足が痛くなってしまったからです。

市内を歩いていても痛くなってしまったので、オーロラ観測ではとても無理だと思いました。

結果買って正解でした。

足先が暖かいというのは、雪の上で長時間オーロラを待つにはあった方がいいです。寒いと血液は重要な臓器にくられます。

その結果足先や指先が冷えてしまいますので、カイロは必須です。

ただ、カイロが熱くすぎることもありました。

ネックウォーマーで首回りを温める

ネックウォーマーは必須です。

なぜならネックウォーマーは首回りだけではなく、口と頬まで覆えるからです。首回りはジャケットで一応覆えるものの、ぴったりと密着させて上までカバーすることができません。

ネックウォーマーなしでは襟の間がスースーして寒いので、鑑賞どころではありません。

さらに頬も痛くなりますし、口と鼻を覆うことができないとなると肺にもよくありません。

ネックウォーマーはケチらずに良いものを買っていくことをおすすめします。

しっかりしたニット帽があれば耳当てはいらないかも

しっかりした耳まで覆えるニット帽があれば耳当てはいらないかもしれません。

実際に僕も耳当ては使いませんでした。ものすごく寒くなり、長時間野外で観測するということであれば必要です。

しかし部屋から出たり入ったりして観測するなら特に必要ありません。

その代わりしっかりした耳まで覆える厚手のニット帽を使いましょう。

僕が使っていたのはThe North Faceのニット帽です。

ユニクロのヒートテックは神

ユニクロのヒートテックは是非持っていきましょう。

長袖の物がいいです。薄くて場所をとらないだけでなく、しっかり体を温めてくれます。

また下半身もぴったりと密着するヒートテックを持って行った方がいいです。上半身よりも下半身を温めた方が体は暖かいと感じます。

できれば足首まで覆える長めのものを持っていくのがおすすめです。