YouTubeで釣り動画を配信中!!

ペルーのアレキパからボリビアのラパスに『バス』で行く方法

アレキパ

アレキパのバスターミナルは基本的に一箇所にまとまっている。

その中でラパス行きの直接のバスは存在しない。なので一回どこかを経由して行く必要がある。

経由地が二つあり一つ目は、デサグアデーロ(Desaguadero)、そして二つ目はコパカバーナである。

今回はデサグアデーロを通ったのでその方法を解説。デサグアデーロとはペルーとボリビアの国境沿いの町でイミグレーションもここにある。デサグアデーロは国境越えのときに注意が必要で、なんと国境警察によるお金や貴重品の盗難が発生しているので注意しよう。実際に僕もその体験をした。

アレキパからラパスに『バス』で行く方法

まずは、アレキパのバスターミナルでデサグアデーロ行きのバスを探そう。

おすすめはCIVA社だ。料金:30ソルで所要時間は約10時間ほど。他の会社も回ってみたが料金は同じだ。

バス会社出発時間は夜の9時でデサグアデーロに着いたのが朝の6時半ごろ。標高が上がり時間帯は夜なのでバス内はかなり冷え込む。また、デサグアデーロもかなり寒いので暖かい服は必ず持って行くこと

バスデサグアデーロのバスターミナルにバスは着く。着いた時は朝早かったのでカウンターは開いておらず、人もあまりいなかった。

ターミナル内次はイミグレーションに向かう。歩いても行ける距離なので歩いても問題はない。バスターミナルを出てそのまままっすぐ歩いて行こう。イミグレーションが見える。

ただ僕はよくわからなかったのでこの乗り物でイミグレまで向かった。

乗り物運転手に最初聞くと5ソルと答えたので、乗ることにした。ところが、降りたところで突然一人5ソルだと言い出したので(二人で乗った)これには耳を貸さず最初の5ソルだけ払ってイミグレーションの列に並んだ。なのでこれには注意するように。

出口にはミニタクシーが待機しているのでそっちの方が寒くなくていい。またミニタクシーは3ソルなのでこれに乗るか、歩く方がいい。

ターミナルイミグレーションに着くと長い列ができている。ペルー側で出国のスタンプを押してもらい、橋を渡ったボリビアで入国のスタンプを押してもらおう。これがペルー側のイミグレーションだ。

イミグレこの周辺には多数の両替屋さんがあるのでペルーのソルを持っている場合はここで両替するのがいい。

ここでのレートは1ソル2、10ボリビアーノ。ラパスでは1ソル2、08ボリビアーノだったのでここでやる方がレートがいい。

手続きが無事に済んだら次は橋を渡って、ボリビアでの入国審査の手続きをしよう。橋を渡りきると左側に民家のようなものがあるのでここに向かう。

デサグアデーロの国境警察に注意

デサグアデーロの国境警察は観光客を止めて、個室に連れていったり、荷物検査だと称して貴重品を盗んだりすることがある。

僕もパスポートを見せろと言われて個室に連れて行かれ、どのくらいのお金を持っているのか聞かれた。幸いペルー人の妻がスペイン語で全て説明してくれて何事もなかったが、僕一人だと何かやられていた可能性が高い。

最後にお金を寄付しないかと言われたがきちんと断った。なのでここを通る時は十分注意するようにお願いします!!

イミグレこれがボリビアのイミグレーションだ。審査自体は一瞬で終わった。

無事に手続きが終わったら、次はラパス行きのバスを探す。このまま少しボリビア方面に進めばバスが待機しているのだが、出発時間が遅いのでバンを使った行き方がおすすめだ。

場所はバスが止まっているところから、一つ右に通りを曲がり、その通りを左に進んだところにある。

たくさんのバンが並んでいるのでわかるはずだ。

バスラパスまで料金は15ボリビアーノ。運転手によって20ボリビアーノといってくる人もいる。

行き先が二箇所あって一つはエル、アルト。もう一つはセメンタリオという名前である。

市内の中心に近いのはセメンタリオなので運転手によく確認してセメンタリオ行きに乗ろう。エル、アルトは中心街から遠い上に治安も悪いのでオススメしない。ただ、空港に行くならエル、アルトの方が近い。

所要時間は1時間半ほどで着く。

セメンタリオ周辺セメンタリオの周辺。写真のバスが止まっているところ付近に降ろされる。

そのあとは次の目的地まで歩いてもいいし、バスに乗ってもいい。僕たちは歩き、中心地までは30分ほどで着いた。

 

それでは、皆さんの旅の安全を祈っています!!最後まで読んでくださりありがとうございました。