YouTubeで釣り動画を配信中!!

カハマルカ・ペルー北部2750mに位置する温泉の街

クンベマヨ

ペルー北部にあるカハマルカとは一体どんな都市なのでしょうか。この街に行けば温泉にも入れるというので行ってみることにしました。

カハマルカは雨がよく降る街なので、他のペルーの街のように埃っぽくありません。また高地に位置しているので、自然も豊かで寒さ以外はいいなというのが第一印象でした。

行ってよかった場所

セントロ

公園まずは歩いてセントロに向かいましょう。カハマルカの広場はとても綺麗に作られており、建物もなかなか日本では見れないおしゃれな外観になっています。

公園

街の展望台に行けば街全体を見回すことができます。

展望台夜景もとても見ごたえがあります。特に街の中に立っている街灯は全てオレンジ色で伝統的な建物が綺麗にライトアップされていました。

夜景また多くの学生たちが一生懸命にダンスの練習をしていました。カハマルカではダンスのコンテストがあるらしく、他のグループも同じように練習していました。みんな好きで練習しているので、ものすごく楽しそうにしていたのが印象的です。

踊り

クンベマヨ

セントロのツアー会社(周辺にはたくさんのツアー会社があります)にクンベマヨまでのツアーを聞くと連れて行ってもらえます。

ミニバンに乗り込んで、走ること30分ほど。見えてくるのは壮大なアンデスの景色。クンベマヨの周辺はかなり雄大な自然をみることができます。トレッキングをすることになるので、軽装備を整えたほうが無難です。道中に見える岩や草原が素晴らしい景色でした。

クンベマヨあまりにも雄大な自然なのですかさずドローンを飛ばしたのですが、やはり上から見える景色には圧倒させられました。日本ではなかなかこのような大平原をみることは難しいので、見たときにはとても感動しました。

温泉

カハマルカのメインスポットといえばやはり温泉。

メイン通りにいると、乗り合いのバンが『バニョ!バニョ!』と言いながら通りかかるので、それに乗り込みましょう。10分ほど走ると『ここだよ!』と言って降ろされます。そこから少し歩いたところに一際目立つ横に長い建物が見えてきますのでそこに向かいます。温泉ここの裏の方に温泉の出入口があるので、チケットを買って中に入ります。するとちょっと広めの公園のような場所に出る。中には温泉プールもあり、多くの人がプールで泳いでいました。さらに奥に進むとひらけた広場に出ます。公園広場の周りには温泉の木の扉が囲うように並んでいます。その一つ一つが個室のお風呂です。日本の一般家庭にあるバスタブよりもちょっと大きめのお風呂が中に設置してあります。洗い場はありません。温泉チケットを係の人に見せると、順番を待ち入浴することができます。さらに、お湯は自分で調整して温度を作ることができます。入れる時間は30分。

お風呂

早速入ってみました。結構ぬるいのかななんて思っていたのですが、自分で温度を調整できるので熱くもできます。おかげさまで湯加減をちょうどよくすることができました。外が寒かったり、長旅で体が疲れてたのですが、温泉に浸かると疲れがだんだん取れて行くような感じがしました。やっぱりお風呂は最高です!!

まとめ

ペルーの山岳部の街カハマルカは観光地もいっぱいあり、温泉もあるということで南米滞在中に一度は訪れてみて欲しいところです。2018年のCNN Travelが選ぶ観光地にも選ばれています。セントロに行けば上に紹介したツアーだけではなく、他の観光地にもいくことができるので興味のある人はぜひ行ってみてください。