YouTubeで釣り動画を配信中!!

ドラクエから学ぶ人生の教訓【ドラクエはなぜ面白いのか】

冒険の始まり

ドラクエはなんであんなに面白いゲームなのか。
ドラクエは人生を表しているゲームだ。

ドラクエの勇者のような生き方をしたいと思う若者も多いのでは無いだろうか。
今回は少し今までと違った内容にはなりますが、ふと思いついたネタなので書いていきます。

僕が今まで遊んだタイトルは4~9の6作です。
その中でも9を一番やり込みました。

ドラクエから学ぶ人生の教訓【ドラクエはなぜ面白いのか】

ドラクエはなぜ面白いのか。
私たちの人生と照らしわせて考えてみました。

物語は壮大な音楽とともに始まる

壮大な音楽を聴きながら、ドラクエは冒険がスタートしていきます。

共通点として私たちの人生も音楽を必要としています。
その広大な曲が、まるで自分たちが生まれた時の産声のようにこだまするのです。

特にオープニングの音楽はかっこいい。人生で何かを成し遂げてやろうという気持ちになってくる。
物語でシーン別に音楽が変わるように、私たちもそのときその時で聴く音楽が変わってきます。

そして、その場面場面に合わせた音楽配置はなんとも見事。

オープニングの革命的な音楽から人生、ドラクエも始まります。

何も持たない状態から物語は始まり、ボスを倒すことが目的。
何も知らずに村から出れば、容赦無く魔物が襲いかかってくる。

そのためには、何をしなければならないか。
自分でしっかりと考えなければならない。

現実世界でも同じだ。
いきなり知らない世界に出れば、どうしたって最初は失敗する。
そこから、どう乗り越えていくのかが重要なところ。
最初からうまく、乗り越えられるわけがない。

どんな魔物が出てくるかもわからない中を手探りで進み続ける

最初は仲間も誰もいないが、冒険するうちに仲間と出会い、彼らと一緒に物語を進めていく。
それは現実世界でもそう。
何かを始めるときは誰もがみんなひとり。
しかし、一生懸命にやっていればいずれ助けてくれる人が現れる。
その人が、一緒に旅をする中で戦ってくれる頼もしい仲間になるのだ。

そして、仲間と次々に出てくる魔物たちを倒す。

人生も何もない状態から始まり、いきていく過程において、ぞれぞれのミッションをクリアしていく。
その途中には強敵が待ち構えていて、倒していかなければならない。

ここでいう強敵とは、社会の理不尽さ、なぜか我慢しなければいけないこと、わまりとの格差。
これらのことに、人生では立ち向かっていく必要がある。

ドラクエも人生と同じで次々と新しい挑戦が待っている。

旅好きとの共通点

旅好きで、世界のあらゆる場所を見てみたいと思えるのは、ドラクエの影響を少なからず受けているからかもしれません。
あの広大なフィールドで地図を頼りに進んでいく。
その冒険感がたまらなく、ワクワクさせるのです。
まだ色が着けられていない土地に行くことが、ドラクエの楽しみのひとつでもあります。

それは世界を旅をするときも同じで、自分がまだ行った事のない場所に行ってみたいと強く思います。

日本に多くいる海外放浪が好きな旅人は、ドラクエから始まったと言っても過言ではないでしょう。

そして、ドラクエの物語は人助けが基本

どんなミッションもそこにストーリーが設定されていて、最終的には人々の悩みを解決していく。

それは、現実世界で仕事をやるときも根本は同じ
仕事は誰かを救うから仕事になる。

何か面白いこと、役に立つこと、エンターテイメントを与えることができるからそれが仕事として成り立っている。

僕のブログだってそう。

人の悩みを全力で解決しにいく。
そうでないと、誰も僕のブログを読んでくれることはない。

※この記事は完全に自分の趣味の方に走りました。

武器や防具を自分の経済状態から見極める

おそらく、ここまでリアルに経済観念がつくゲームは無い。

ドラクエあるあるの一つは、お金がなくてどの武器を買おうか悩むということだ。
また、お金がないから防具はおきらめて強い武器だけを買おうとするときもある。
お金を節約して、次のまちで強い武器を買うこともある。

魔物を倒しても、手に入るお金はごくわずか。

これは、現代でいうアルバイトと同じだ。
忙しく、身をこなにして働いてもらえるお金はたった時給1000円。
これでは、武器を買うどころか、防具すら買えやしない。

仕方なく、次の町(洋服店)まで足を運ぶ。

しかし、それだけでは済まない。
物語を進めるうちに、もっといい武器、もっといい防具が欲しくなるのだ。

またしても、これは現代と同じ。
もっといい服。もっと物を求め人々は消費行動に走る。

次から次にいいものが欲しくなるのはドラクエでも、現代世界でも同じだ。

こんなに、お金の管理について考えたのはドラクエがはじめてだと言っても過言では無い。
正直、お金のやりくりで悩んだのは今まで22年間の人生でドラクエ以外にはなかったかもしれない。
武器や防具の値段設定が絶妙なところも良くできている。

結婚をすること

さらには、ドラクエシリーズでは結婚というイベントも待っている。

特に印象的だったのは、ドラクエ5の花嫁を3人から選べるシステム。

現実世界で3人の中から花嫁を選べるのはなかなか厳しいかもしれないが、結婚という設定自体はかなり僕らの人生に近いところがある。

ドラクエ内でも、パートナーとともに冒険をしていくのだ。

それは、寂しい現代を生きる若者たちにも言える。多くの人が人生のパートナーを見つける。
やっぱり人間は一人では寂しいのかもしれない。

ついにラスボスに挑む

ラスボスとは、人生で自分がなんとでも成し遂げたい夢、思い、希望。

そのラスボスに、準備万端で挑む。
武器は最強クラスを揃え、防具も入念なチェックをおこたらない。

そして、絶対に倒してやろうという気持ちでボスに挑む。

それは、現代における自分たちの挑戦と同じだ。
入念に準備して、常にそのことを目標とし、考え、これまでのミッションをクリアしてきた。

準備したにも関わらず、ラスボスにボコボコにされることがある。

しっかりと準備したのに、全く目標に届かないことがある。

 

でも、諦めない。
さらなるレベルアップをして、ラスボスに挑む。

それこそがドラクエであり、人生だ。