YouTubeで釣り動画を配信中!!

【おすすめ】動画編集ソフトでどれが一番使いやすいか【Premiere pro/Final cut pro/Davinche Resolve】

どのソフトがいい?

どうも、いっせいです。

今回は動画編集ソフトでどれが一番使いやすいかという話をしていきます。

正直にいってしまうと、おそらく個人の好みで選ぶのが一番いいと思います。使ってみて、一番しっくりくるものを選ぶ。

ただ今回はそんな甘えた答えを出さずに、僕が実際に3つのソフトを使ってどれが良かったのかを書いて行こうと思います。

動画編集のソフトでメジャーなものは全部で3つあります。

・プレミアプロ

・ダビンチリゾルブ

・ファイナルカットプロ

動画編集を本気でやるのなら、この3つから選んで間違いありません。

僕がかつてアメリカの大学にいた頃は、写真学部にいたわけですけども、その時使っていたのは間違いなくAdobe商品でした。写真編集はPhotoshopやLightroomなど、もちろん動画編集はPremiere Proでした。そしてパソコンはもちろんApple製品でした。

またボリビアの映像製作所でボランティアをしていた時に、周囲が使っていたソフトもPremiere Proでした。

それだけ世界標準で使われているので、本格的に動画編集するのならPremierePro一択だと思います。

次にFinal Cut Proですが、このソフトはYoutuberが多く使っているような印象です。例えば、ヒカキンさん、すしらーめんりくさんはFCPを使っていますね。このソフトはApple製品なので、Macの無料アプリiMovieから入った方はかなり使いやすいソフトなのかなと思います。

最後にダビンチリゾルブです。このソフトは元々カラーグレーディングを専門とするソフトだったのですが、最近は動画編集ソフトとしても成長してきました。僕もプレミアに入るまでは、ダビンチを使っていました。なので大体の性能はわかっているつもりです。

ダビンチで基本的な編集は全部できます。問題なくYoutubeにアップロードもできました。ただパソコンへの負荷が大きく、すぐにパソコンが熱くなってしまいます。

ということでざっと僕の主観を述べたのですが、ここからはどれが一番使いやすかったかという話になります。

ただあくまでも断っておきたいのですが、僕はプロではありません。ただyoutubeを撮っている、そして編集しているだけですので、本格的な編集をやっているわけではありません。あくまでただの一般人です。

ただ時にはこのプロフェッショナルではない、僕のような一般人の意見が必要な場面もあるかと思いまして、この記事を書いている次第でございます。

使ってどれが一番使いやすかったか

結論から言うと、僕が一番使っていいなと思ったのは「プレミアプロ」です。

プレミアプロ の何がいいって、そこはやっぱり操作性なんですよね。

細かいところに手が届くと言うか、こうしたいなっていう思いをすぐ形にすることができます。

プレミアプロ を使う前は、ダビンチを使っていたのですが、細かいところ、例えばカットした後に、そのクリップをくっつけるなどがうまくできませんでした。その点プレミアはカットして、その間のスペースを消去すればいいだけですから、作業効率が上がります。

先ほども書きましたが、やはりダビンチはかなりパソコンに負荷がかかっていると感じます。

僕が使っているのはMacbook Proの16インチなのですが、このパソコンでも本体がもう目玉焼きを焼けるんじゃないかってぐらい熱くなってました。

なので、他のソフトも試してみようと言うことでファイナルカットプロを使ってみたのですが、うまく使えませんでした。

ダビンチリゾルブからファイナルカットプロに乗り換えた場合は、操作方法があまりにも違くて驚きました。なんというか、全く別のモノのように感じてしまい、うまく馴染めませんでした。調べれば情報はいろいろ出てくるのでしょうが、それが多少手間でもありました。

そこでプレミアの無料期間を使って、どんな感じかなーって試したわけなんですけども、僕にとってはこっちの方がしっくりきました。

ダビンチとプレミアは基本的なことがとても似ているんですよね。操作性であったり、編集画面であったり。その点ファイナルカットプロはひとつ別の路線を走っているなという感じもありました。

それは当然appleが作っているというのも関係していると思います。

個人的に思うのは、プレミアとダビンチは非常に似ているということ。このどちらかを先にいじって、ある程度慣れてしまったら、ファイナルカットに移行するのは少し手間がかかるんじゃないかなと思います。

それはファイナルカットプロからプレミア、ダビンチに乗り換える時も同じで、最初は操作性の違いに戸惑ってなかなか馴染めないでしょう。現に僕がそうでした。

基本的にプレミアの方が、ダビンチに比べて操作性はいいのですが、一つ問題点があります。

それは字幕入力がダビンチの方が格段に楽だいうことです。

プレミアで字幕を入れる方法は、レガシータイトルからいちいち別画面を開いて入力していく必要があります。一方でダビンチ場合、字幕という項目がありまして、そこからガンガン字幕を追加していける機能が付いています。

個人的にその機能がプレミアに早く着いて欲しいなという感じなのですが、よくよく考えてみると、世界基準で考えた場合字幕はあまりつけないのかもしれないなと思いました。

日本の動画はかなりテロップが多いですけど、世界の動画を見てみるとあまり字幕をつけていないことも多く、プレミアはその点はあまり重視していないのかもしれません。当然日本だけのサービスではありませんので。

次に料金の違いですが、これは大きくダビンチがリードしているなと思います。

違いを比べてみましょう。

プレミアプロ→1,980円(学生プラン)僕は学生プランを利用しています。ただ一般の単品価格だと2480円〜。そしてAdobe製品全てだと5680円〜。

 

ダビンチリゾルブ→無料

 

ファイナルカットプロ→3万6800円

これだけみるともうダビンチの圧勝です。

ただ単純な作業をするだけなら、ダビンチでいいと思います。単純な作業というのは、読み込み、カット、テロップ、BGM入れ、書き出しといった感じのことを指しています。

これぐらいであれば全然ダビンチで問題ないので、まずはダビンチから始めてみましょう。

ただパソコンのスペックが少し求められます。Corei7以上がいいでしょう。

また僕がダビンチをいじっていた時にはMacbookPro13インチでも試してみました。結果どうなったかというと、画面が小さいのか、機能が一部表示されないという不具合が起こりました。具体的な場所は音声の波形です。

その後16インチで作業してみると、波形もきっちり表示されましたので、ダビンチは画面サイズも重要になってくるのではないかと思います。

またダビンチはまだ新しいソフトになるので、ネットで情報を探そうとしてもなかなか見つからないんですよね。例えばこれはどうしたらいいの?といった疑問に対しての答えがうまく見つからないことが多い。それはデメリットだなと思います。

そして画面上でグラフィックを扱いたい時にも、やり方が分からずに苦労しました。

例えばオープニングやエンディングで軽いグラフィックを入れたいといった時に、ダビンチだとそれがやり辛い。一方でプレミアならそこらへんからオープニングのグラフィックを引っ張ってくることができますし、ファイナルカットプロには元からアニメーションが入っています。

またプレミアプロ やファイナルカットプロはminstallerというアプリを使って、グラフィックをダウンロードして使うことができます。その料金は別でかかったりしますけど、手間を考えると買っても損はしないモノなのかなとも思えます。

そこまでプロフェッショナルを求めない方なら、ダビンチで満足できますし、そのちょっと上のグラフィックを利用したい方は悩みどころですが、プレミアかファイナルカットプロだと思います。

ファイナルカットプロの場合は一括で3万6800円吹っ飛んでいきますので、かなり始めたての方には悩みどころだと思います。正直僕はこのお金を出すのにかなり渋ってしまう方です。その救いとして、一応無料期間が設置されてますので、それを使ってどんな感じなのか、触ってみるのがいいでしょう。

次にプレミアですが、学生プランを使用しない場合、そして長い期間使っていく場合、かなりコストがデカくなってしまいます。

そこが唯一の悩みどころなんですよね。お金の問題がなければ僕は迷わず、プレミアを選択することをおすすめします。

またプレミアも無料トライアル期間をもうけてますので、そこで試してみてもいいかと思います。

ということで僕個人的にはプレミアが一番しっくりきました。

ただこの先ダビンチリゾルブが伸びてきて、使いやすいソフトになったらダビンチに乗り換えようと思っています。無料であそこまでできるソフトはおそらくありませんので。

ファイナルカットプロもいいんですけど、僕は編集う画面のデザインにうまく馴染めませんでした。やはり編集画面の馴染みやすさ、そしてデザインの好き嫌いは重要視していい要素だと思います。

ずっとその編集画面をみて作業していくわけですから、あなたの主観で好きなものを選びましょう。

幸いこの3つのソフトは無料期間がありますので、そこで触って自分の一番しっくりくるものを選びましょう。

ということで以上になります!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!