YouTubeで釣り動画を配信中!!

シマノ・フリーゲームXT96Mのインプレ!ひとことで言うと最高のロッド

フリーゲームxt96m

最近コンパクトで持ち運びに便利なロッド・その名もシマノフリーゲームXT96M。

まあ素晴らしい。非常に投げ心地の良いロッドです。以前にコルトスナイパー を買ったこともあるのですが、こちらの方がずっと良い買い物をしたなと思えました。

抜群のコンパクトさと収納力

まず収納力が高い、それでいて軽いという旅やお出かけには抜群の相性を誇ります。僕自身よく歩いて釣りに行くのですが、その道のりは山を越えて、磯を渡ってという感じになるのでできるだけコンパクトにしたいというのが本音です。

投げ心地

投げ心地はすこぶる良いです。僕はPE1,2号を組み合わせて使っているのですが、投げると気持ちよくルアーが飛んでいきます。これまでに投げたウェイトは14グラムと10グラム、20グラム、30グラム、あとは40グラムも投げました。この中で飛ばしやすいなと感じたのは14グラムですかね。竿のしなりとうまくかみ合わさって気持ちよく飛んでいきます。ギリギリ適合ウェイトに入っている40グラムも投げることはできました。しかし少しだけ竿先が気になります。飛ばすことはできますが、全力で振り向くのはかなり怖いなと感じました。

まだ30グラムを投げた経験がないのでなんとも言えませんが、20グラムあたりが使いやすい重さなのではないかと思います。ラインを細くすれば軽いルアー でも綺麗に投げることができます。ただやっぱり上限は40グラムだと使っていて感じました。テクニックがあればそれより重いルアーを投げても大丈夫だと思いますが、全力で振り抜くには適して無いでしょう。

6本継ぎなのでロッドの使いやすさに不安がある方もいるかと思います。しかし僕が使っていて何か竿が抜けたり、6本継ぎだからといって使いづらいことはありませんでした。ただ若干ロッドのガイドがずれやすいかなと思いました。ガイドをまっすぐ保っておかなければなりませんが、たまにずれるのでその都度直しています。しかしたまとはいっても1時間に一回見直すぐらいの確率ですので、そこまで大きな問題ではありません。また一度だけロッドの先っぽが飛んで行ったことがありましたが、繋ぎが甘かっただけでした。

ロッドパワー

どのくらいの魚をあげられるのかという問いは誰もが持つ疑問だと思います。これに関しては竿が折れるまでの大物を釣り上げたことがないのでなんとも言えませんが、42センチのギンガメアジはなんの苦労もなく上げるっとができました。ギンガメアジの引きに対してもロッドパワーで持ってくることができましたので、ある程度大きいサイズの魚であっても寄せてくることは可能だと思います。ただ抜き上げは厳しいかなというのが正直な意見です。42センチのギンガメでも抜き上げには不安だったのでタモあみを使いました。これが60超えてくると正直しんどいのでは?と思います。

96MLとどっちを買うべきか

ただこのフリーゲームなかなかに悩ましいのが、そのラインナップです。
すでにショアジギング 用のロッドは持っていたので、そのひとつ下のゾーンである96Mと96MLでかなり悩みました。
それであまり考えてもわからなかったので、もう勢いで96Mを買ったのですがこれがなかなか良かった。

何が悩ませるかと言うと適合PEラインと適合ジグの重さです。
96Mが40グラムまでとなっていて、96MLが32グラムまでとなっています。そしてラインがPE1.2まで(96ML)なのに対して、PE1.5まで(96M)。

この絶妙なラインが相当悩ましかった。シマノのロッドは表記よりも柔らかめと言う話をよく聞きます。以前コルトスナイパー S1000Hを買ったのですが、これが表記ジグウェイトよりも軽めのジグが投げやすかったです。
MAX100gまでとなっていたのですが、僕のテクニックだと60gが気持ちよく使えるかなと思いました。60グラムでも少し加減をして投げなければならないので、表記よりもかなり柔らかめだと思います。

この経験から96MLで40gのジグを扱うのは多分無理だと思ったので、96Mにしました。

結果間違ってなかったなと確信しています。ほぼシマノの表記通りだったので96MLでは柔らかすぎました。96mlは大正魚を落として使う分にはいいとおもみますが、おそらく魚との強引なファイトはしにくいはずです。30gのジグが投げ辛いのはかなりマイナスポイントです。

軽めのルアーを投げたい方は96M Lの方がいいですが、ちょっと重めのルアー40グラムや30グラムをメインにするよという方は96Mで間違い無いです。ロッドの長さも長すぎず、短すぎずでちょうどいい長さの竿だと思いました。

釣り動画をYouTubeで上げてます。よかったら是非チェックしてみてください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です