YouTubeで釣り動画を配信中!!

国際遠距離恋愛を乗り越えられるか不安な方へ【成功者のアドバイス】

挨拶

外国人の彼女、または彼氏ができたけどこの先乗り切れるか不安だな・・・

文化も言葉も違うし、ましてや遠距離恋愛か・・

でもなんとかして乗り越えたいな。

と悩む方に向けて書きました。

 

国際化が進むにつれて外国人を恋人に持つ人も増えてきました。

 

という僕も国際遠距離恋愛を遠い国のペルー人と2年間続けてきました。

その間僕はアメリカと日本で生活し、半年または一年に一回会いに行くという形をとっていました。

そして、今は結婚しています。

国際遠距離恋愛となると、次いつ会えるかもわからない、お金もすごいかかるし、不安になり諦めそうになりますよね。

そんな時に、何か気持ちの面で助けてあげられないかと思いこの記事を書きました。

今、国際遠距離恋愛で悩んでいる人や、これから離れ離れになってしまう人の助けになれば幸いです。

国際遠距離恋愛の良いこと

よかったこと

正直言って国際恋愛では良いことよりも大変なことの方が多いです

しかし何も大変なことだけではありません。

プラスの方向に考えていけるように努力したいものです。

 

自分の時間を取れる

2人で行動するのももちろん良いですが、1人で自由時間が取れるのは大きな魅力

2人で住み始めると、どうしても1人の時間を取るのが難しくなります。

趣味の時間に費やしても良いし、相手の言葉を勉強する良い機会にもなりますね。

僕はこの期間に自転車で一人旅をしたことが、とても良い思い出になっています。

会うのがとても楽しみになる

国際遠距離恋愛中はそう簡単に会えるものではありません。

1年に1回ぐらいが普通で、半年に1回会えれば良い方です。

次に会うときはそれこそ何ヶ月も先になるので、会っている時間がとても大切。

また久しぶりに相手に会えることが、気持ちをとてもワクワクさせてくれます

 

僕も日本の空港から飛行機に乗ってアメリカ、南米と経由するにしたがってこれってなんかすごいことなんだろうなっていう漠然とした気持ちを持ちました。

もし毎日会える距離にパートナーがいればこんな冒険はできなかっただろうし、南米になんどもくるなんてことはなかっただろうなとしみじみ思っています。

相手の国の言語を勉強する良い機会になる

言語を習得するもっとも良い方法は『外国人のパートナーを作ること』という言葉がありますが、それはあながち間違ってはいないと思います。

なぜなら、相手とコミュニケーションをするためにはお互いの言語を勉強する必要がありますからね。

もしくはお互いの共通言語で話してもいいかもしれません。

結婚を意識するようになる

国際遠距離恋愛においては、このまま相手と続けていくのかそれとも別れてしまうのかが特に重要なポイントになってきます。

ずっと一緒にいたいと考えるのなら、結婚するしかありません

なので、結婚をしたい人にとって国際遠距離恋愛はプラスに働く可能性も十分にあります。

それが考えられない場合は、あまりダラダラと続けているのも相手に申し訳ないと個人的には思ったりもします・・・

国際遠距離恋愛で大変なこと

うーん

上に良いことを何個か書きましたが、やっぱり大変なことの方がはるかに多いですね。

会えない期間が多い

僕の場合は1年で一緒に過ごせる時間は多くても2ヶ月が限界でした。

普段は学校に通っていましたし、休みが長いわけでもありませんでした。

また、一回会いにいくだけでもかなりのお金がかかります。

僕は相手の家に泊まることもできなかったので、安い宿に泊まりながら休みの短い期間だけ会っていました。

会えない期間が多くなるとやっぱりお互いに不安になります。さらに、この先どうなるのだろうということばかり考えてしまうことにもなりかねません。

不安になる

遠距離恋愛をしていると問題なのが、相手の姿が見えないということ

何をしているのか、どこにいるのかなど相手の状況がわからないこと。

あまり考えすぎると悪い想像をしてしまいさらに不安になってしまうことが多いですよね。

 

また、将来自分たちはどうなってしまうのだろうと考えてしまうことも多くなります。

近場に相手がいればすぐに相談も可能ですが、遠くに住んでいると相手の都合も考えなければなりません。

お金がかかる

国際遠距離恋愛は会いにいくだけでも飛行機代や宿泊費などかなりのお金が必要になります。

特に学生や若い人たちはお金に余裕がある人が少ないので、これもまた問題のひとつですね。

またどちらがお金を出すのかで問題になる人たちもいます。

しかしお金の問題が先に来てしまうようなら、その恋愛は続かない可能性が高いです

国際遠距離中の方にアドバイス

アイデア

何かと不安になることが多い遠距離恋愛。

ましてや言語や国が違うとなおさらです。

そんなあなたに経験者からのアドバイスを送ります。

相手を信じる

これが1番大事なこと。相手はあなたが選んだパートナー。

しっかりと信用してあげて、不安にならないように努力すること。

相手もあなたに信用されていると感じられれば、しっかりと相応の態度を取ってくれることでしょう。

あまり束縛もしないようにして、ある程度自由にさせてあげることが大事かな。

 

でも、あまり甘やかさせすぎてもいけません。

自分が嫌なことはしっかりと嫌と言う必要があります

それで相手が離れていくのであれば、それはあなたにとってふさわしいパートナーではなかったということ。

プラスの方向に考えられるように努力しましょう。

適度にコミュニケーションを取る

2人できっちりと話し合い、2人に合う間隔でコミュニケーションを取ること。

この「お互いに合う間隔」がものすごく大事。

一方が仕事などで忙しくてあまり時間が取れないのに、もう一方はガンガン連絡してくるというのはあまりいいことではありませんね。

なので、遠距離になる前にしっかりと2人で話し合いをしておきましょう。

 

ちなみに僕たちの場合は、毎日の電話を欠かしませんでした。

正直言って「また今日も電話しなきゃいけないのか」なんて考えた日もありましたが、いざ喋ると楽しいし毎日続けてよかったと思っています

いつでも本音で語ることが重要ですね。

将来の計画をある程度決めておく

国際遠距離恋愛で先の計画が全く見えないのはかなりメンタル的に大変です

なので、今度いつ会えるのかなど簡単なことは早めに決めておくのがいいでしょう。

そうすれば、そこまで頑張ればいいんだと勇気も湧いてきます。

 

もしできるのであれば、どのタイミングで結婚するなど決めておいた方がいいかもしれません。

そうすれば、遠距離恋愛にも打ち勝てるような気がしてくるはず。

結婚でなくても、一度落ち着いたら同棲してみるなどもいいかですね。