YouTubeで釣り動画を配信中!!

【オススメ製品あり】使ったルアーのメリット&デメリットのメモまとめ

ルアー

どうもこんにちは、いっせいです。

小学4年生の時に奄美大島に移り住み、ルアー釣りにはまって最近釣りばっかりしています。

小さい頃はお金もなかったので、なかなか良いルアーを買うことができませんでした。しかし最近は少し余裕が出てきたので、ちょこちょこルアーに投資しています。

ただやっぱりルアーって高いんですよね。それを投げて釣れたら良いですけど、すぐに根がかりした日なんかもう、絶望です。

なのでそれだけではもったいないと思って、この記事内で実際に買って使ったルアーのレビューを更新していこうと考えたわけです。

完全に自分用で書いても良かったのですが、せっかくなので皆さんにもルアー情報をショアできたらと思い、ブログに書いています。

ただなんとなくざっくり書いているので、参考になりづらいかもしれません。ご了承ください。

使ったルアーのメリット&デメリットまとめ

おすすめルアーには星マークを付けました。

★ セットアッパー125S-DR

ものすごくいい。今のところ一番気に入っているルアー。ただ若干深く潜りすぎるので、あまり水深のないところだと根掛かりする。飛行姿勢がよく、よく飛ぶ。

これで47センチのゴマモンガラを釣り上げた。

Ocea ペンシル 60g

コルトスナイパー BBS1000Hだと重くて飛ばしにくい。もう一つ下の重さがいい。Hの竿で投げても飛ばしづらいので、もうひとつ重さを下げた方がいいだろう。

マリアラピド

沈みづらいのであまり使いやすくない。しっかりと自分でルアーをコントロールする必要がある。よく飛ぶ。波の荒い日に使うとルアーが海面から飛び出してしまう。

タックルハウス フィードポッパー

確かにホッパーとしてはいいが、まだ釣れたことない。トップに出るような魚がいないと厳しいかも。根がかりしないのが良い。

タックルハウスコンタクトベゼル

よく飛ぶ。ミノーというよりはシンキングペンシルっぽい。ゆっくり巻いてくる、もしくはただ巻きだとアクションが弱い。

★ ジグパラスロー 40g

めちゃくちゃいい。よく飛ぶ。カヌーでやる時はフォールでかなり魚にきく。これで金時鯛を釣った。陸から使っても良いが、根がかりリスクが上がる。カヤックでやるときに40グラムだと軽すぎてすぐに流されてしまう。風が強かったり、流れが早いと釣りにならないのでカヤックでやるときは60グラム以上が良いと思う。

バーティスSD140F

投げるとよく飛ぶので、使っていて非常に気持ちいい。潜行レンジは50~100cmとある通り、かなりフローティング系のルアー。しかしながらフローティング系とは思えないほどの飛距離が出る。スローで巻くように書かれているが、速めに巻いても意外にしっかり泳ぐ。

根の荒いところや水深の浅いところではかなり活躍するミノーだと思う。

シマノ ブラスドシャッド140F

あまり飛ばない。風があるとすぐにひらひらとリップが抵抗を受けて飛距離がでない。水面直下を泳ぐので、浅いところの攻略には適していそう+根がかりしにくい。見た目がものすごくデカイので、ショアからの釣りには適してない気がする。

価格が2000円ぐらいなので、それならショアラインシャイナーを買う方がいいと思う。

ショアラインシャイナー バーティスSD 140F

飛距離がいい。ショアラインシャイナーのセットアッパーのフローティングバージョンといった感じ。水に浮き、水面直下を泳いでくるのでかなりいいがする。

しかしサイズが少し大きい+早めに巻いたらうまく泳がないので、青物攻略には向いていないかも。これを買うならセットアッパーの方がいい気がする。

ジャクソン ミノーピンテール45g

一言で言うと重い。重いわりに飛ばない。セットアッパーと同じぐらいの飛距離だと思う。金属質で重いので、よく沈む。遅く巻くと動きがキビキビしないので、早めに巻くといいかも。

水深のあるところで使わないと速攻で根がかりすると思う。

ぶっ飛び君 95S

その名の通りよく飛ぶ。小さい割にヒューンと飛んでいくので、投げていて爽快感がある。早く巻くと簡単に水面に出てしまうので、水深のあるところだと使いづらい。

ゆっくりと浅場を引いてくるのに適している。泳ぎはただ巻きでわりとしっかり泳ぐ。わりとゆっくり目で引いてくると良い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です