YouTubeで釣り動画を配信中!!

ペルー人との国際結婚・詳しい手続きの方法を解説!

ラブラブ

国際結婚の手続きはわからない情報が多くて、戸惑うことがたくさんありますよね。僕もその経験者の一人で、インターネットで調べても具体的な手続きの方法がわからずに、本当に苦労しました。

そんな中でも、無事に手続きを終わらせて結婚することが出来たのでその方法を紹介します。僕の結婚相手はペルー人。なのでペルーでの手続きの方法しかわからないのですが、基本的なことは同じなので参考になれば幸いです。

ここで注意していただきたいのが、日本で結婚の手続きをやる方法とペルーで結婚の手続きをする方法は完全に違うということです。ペルーでの結婚の手続きについて日本の役所に問い合わせても、役所はやり方を知っているわけではありません。

なので、日本で手続きする場合は日本の役所でしましょう。ペルーで手続きする場合は、ペルーの現地の役場で手続きと問い合わせをしましょう。またペルーの場合、役所によっても必要書類等が違ってくる場合があるのでしっかりパートナーに聞いてもらうようにすることが重要です。

具体的な手続きについて

僕はペルーの役場に書類を提出して結婚したので、この手続きの方法はペルー式です。日本での手続きの方法ではないので注意してください。

まず必要書類を用意しましょう。

日本人が必要な書類

1、独身証明書

独身証明書は日本の役場が発行してくれます。本籍地の役場に行き、発行してもらいましょう。念のため複数枚発行してもらったほうがいいですね。

2、日本の戸籍謄本

これも同じく日本の本籍地がある役場で発行してもらえます。戸籍謄本も念のため複数枚発行してもらいましょう。

3、パスポート

パスポートの原本をそのままペルーの役場に提出すれば大丈夫です。

日本の書類をペルーに出す場合は外務省のアポスティーヨが必要になります。外務省窓口に行けば翌日に発行してもらえます。さらに、ペルー側に提出するときには公式の翻訳が必要になるのでペルー外務省管轄の翻訳者に翻訳を依頼しなければなりません。

ペルーに行く前に念のために、2種類の書類を用意した方が無難です。

1、日本で発行した独身証明書と戸籍謄本に外務省のアポスティーヨをそれぞれ押したもの。結局使っていないので僕の場合保管してあります。

2、日本で発行した独身証明書と戸籍謄本に何もせず、原本のまま。もしこの方法でできるのならこちらの方法がおすすめです。日本で手に入れた書類をそのまま在ペルー日本大使館に出して翻訳してもらい役場に提出するだけだからです。

2つのタイプの書類を用意したのには理由があり、どちらかのタイプの書類をペルー側が受け付けない場合のことを考えてのことです。最終的には2番の書類を在ペルー日本大使館で訳してもらいそれを提出する方が楽でしょう。しかし、役場によって手続きの方法が違うので確認してできれば安全のために2種類用意したほうが気持ち的には楽ですね。

必要な書類をまとめてペルーの役場の担当者に提出

必要書類が出来たらお相手の住む地区の役場に行き必要書類を提出しましょう。書類が全て大丈夫なら、7日間の公示期間をとります。この7日間に誰からも異議の申し立てがなければ手続きはそのまま進められます。それが記載された新聞を買って係のところに行けば具体的な結婚式の日にちを決めることになります。

式は2人の立会人のサインも必要になるので立会人の分のDNIも忘れずに用意しましょう。

結婚式

結婚式当日に役場の担当者の方が来て、新郎新婦、立会人二人、担当者という順に書類にサインをしていくという形をとります。そのあと、結婚式は司会の進行に進めてもらい式を終えます。一般的にペルーでは踊り通すことがほとんどでずっと踊っていますが、僕の場合は違っていてそこまで踊りの時間は長くなりませんでした。

そのことについてあらかじめ担当者と話し合いをしていたので、そこまで長くならずに済んだのです。なので、もし踊りが苦手だという方はそのことについても話し合いで決められます。

結婚式後の手続き

結婚式が終えあった後にもやらなければならない手続きはまだ残っています。式の際にサインした書類等は役場が政府に送ってあるので、その後1ヶ月でペルー人側の結婚の事実がRENIEC(全国身分登録事務所)に記載されることになります。

その後ペルー人側のDNIをシングルから既婚に変えて手続きは終了。

しかし日本人側の手続きはまだ残っていて、日本人側の戸籍に結婚の事実を記載しなければならいないので戸籍謄本を持って在ペルー日本国大使館に行きましょう。

大使館では戸籍登録にあたっての書類が必要になるので、大使館ホームページで確認をしましょう。その中に、ペルー人のRENIECとパスポートもしくはDNIの翻訳が必要になります。

その翻訳は誰がやってもよくて、ご自身で翻訳して持っていっても問題ありません。実際僕は全て自分で訳して持って行きました。

必要書類を提出できれば、大使館が外務省を通して本籍地に送ってくれます。あとは、本籍地役場が手続きを完了させればすべて手続きは完了です。大使館に書類を提出してから1ヶ月から1ヶ月半かかります。手続き完了通知は大使館の方からはないので日本の役所に確認するようにしましょう。

いかがでしたか?今回は『ペルー人との国際結婚・詳しい手続きの方法』をご紹介しました。ぜひ参考にしてみてくださいね。