YouTubeで釣り動画を配信中!!

グアナフォトにあるミイラ博物館に潜入!

グアナフォト

※博物館で撮ったミイラの写真を記事中に使用しております。そういうものが苦手な方は記事を読まないことを推奨します。

首都メキシコシティからバスで5時間ほどのところに世界遺産のカラフルな街グアナフォトがある。ここは多くの旅人がカラフルな街を見に集まる。僕もそのうちの一人でメキシコを横断中に立ち寄ることになった。

しかし、グアナフォトはそれだけではない。なんと興味深そうな博物館があることか。

その名は MUSEO de las MOMIAS de GUANAJUATO

メキシコでは死んだ人を火葬するのではなく土に埋めて供養するのだという。そしてここは非常に乾燥した気候のため、土葬した後に自然にミイラ化してしまう。ただ最近はなかなか土地がないのも事実らしく、政府は困っている。

さらに、グアナフォトではお亡くなりになられてからから3年間は無料で墓地に埋葬されるが、5年が経過したら税金を払わなければならないとのこと。当然貧しい人は税金を払えない可能性があり、ここミイラ博物館に来ることになった方もいる。

確か前にクレイジージャーニーというテレビ番組で佐藤健寿さんがこのミイラ博物館を訪れていた。

当然行かない手はなく、滞在中の暇な時間を利用して行ってきた。この記事はミイラ博物館の内部の様子をまとめたものである。

内部の様子

中に入るとかなり薄暗い、、暗い通路に割と綺麗なガラスに囲まれたミイラが何体も並んでいた。掘り起こしてあるのに細部まで綺麗な状態で保存されていた。

ミイラ土葬の文化が日本にはないのでこの状態の物を見るのは日本では難しいだろう。

ミイラ

中には赤ちゃんのミイラまでいた。どうしてこんな状態になったのだろう。体はミイラ化しているのに割と髪の毛は綺麗に残っているのが不思議だ。髪の毛はなかなか腐りにくいのだろうか。

ミイラ

ミイラ

ミイラこのミイラたちも死んでからこんな風に博物館に展示されて毎日たくさんの人にみられるなんて思ってもいなかっただろう。

博物館自体の観光は30分ほどで終わるが、中には記念撮影スポット(棺桶の中に入る)もあるので興味のある方は体験してみても面白い。

アクセス

メキシコ中部の町グアナフォトの中心部から歩くこと30分ほど。グアナフォト自体の町の観光も最高な上に、ミイラ博物館などもあるので来て損はない場所だ。