YouTubeで釣り動画を配信中!!

格安でショアジギングタックルを揃えたい【できるだけ安く抑えたタックル紹介】

ショアジギング

どうもこんにちは、いっせいです。

ショアジギングタックルを揃えようと思ったら、かなりお金がかかりますよね。竿だけでも最低限レベルで1万5千円という数字が飛んでいきます。

できるだけお金を節約したい、でもクオリティの低いものは使いたくない。

今回はそんな方に向けて、ショアジギングタックルをできるだけ安く揃えてみました。ただ、安く揃えたといっても、闇雲に安い道具ばかりを並べたわけではありません。

安くしようと思ったらいくらでも安くできます。しかしその場合はクオリティが求められない。なので今回は、安くて、かつショアジギングが普通にできる道具を紹介します。

僕自身大物を釣りたいということで、ショアジギングタックルを一式揃えましたが、約3万円で揃えることができました。

ということで実際に僕が格安で揃えたタックルを紹介します。格安とはいえど、普通にショアジギングで通用します。

格安なショアジギングタックル

まずは竿からいきましょう。

竿

いろいろなサイトを見比べて、決めたのがシマノのコルトスナイパー BB S1000H。

ショアジギングでは60gから100gの重めのルアーを投げるということだったので、この竿がちょうどその線上にのっています。ジグがマックスで100g、プラグがマックスで80gという設計です。

ただ自分が使った感じだと、60gのジグは少し投げづらい印象を受けました。重いくて少し振り抜きづらいという感じです。50gがちょうど扱いやすいような気がします。

実はこの竿の下にコルトスナイパー のMH(ミドルハード)がありますが、H(ハード)でも少し振り抜きづらいので、ショアジギングならS1000Hで間違いないでしょう。

また、コルトスナイパー S1000Hよりも安く出されている竿があります。

それがダイワのジグキャスター97MHというものですが、すいません、使ったことがないのでよくわかりません。

最終的に僕はこの2本に絞り込み、コルトスナイパー を選びました。ジグキャスターの方が五千円ぐらい安かったのですが、いろいろなサイトやネットでのレビューをみてコルトスナイパー の方が良さそうだと判断しました。

この2本が入門用として間違いなさそうなので、まずはこの2本から選んではいかがでしょう。

リール

リールは個人的に竿よりもお金をかけた方がいいのではと思っています。

というのも大物がかかった時にしっかり巻けるリールでなければ、リールがガタついてしまったりするからです。

僕が買ったショアジギング 用のリールはダイワのレガリス5000という物ですが、これでは少し小さくパワー不足かなと感じています。

これでもできることはできます。実際に僕がやっているので。まだ最大で47センチのカワハギしか釣ったことがありませんが・・・。ただ使っていて思うのは、このサイズの魚でも少し心もとないということです。お金があればシマノのツインパワーなどの方がいいのでしょうが、やっぱり価格は抑えたいですもんね。

ただ、もう少しお金をかけられるよという方はこれよりもいいリールを選ぶことをおすすめします。

先日大物がかかった時に巻こうとと思ったのですが、全く巻けずにリールの取手部分がガタついてしまいました。

なので、できればもう少しいいリールを買った方がいいと思います。

ライン

ラインはPEラインで、最低2号以上がいいでしょう。2号以下だと思わぬ大物がかかった時に、切られる可能性があります。2号でも切られる時は切られますが、あまり太くしすぎるとルアーの飛距離に影響してくるので、できるだけサイズは抑える方がいいです。

ちなみに僕はPEラインの2.5号を使用しております。少し不安な方は3号を巻いておくといいのではないでしょうか。

ショックリーダー

ショックリーダー はPEラインの強度と同じ程度のものを結びます。ただショックリーダー は人によってこだわりがあるようで、PEラインより太くしたり細くしたりすることもあります。

太くするメリットとしてはラインが岩などに擦れた時に、ショックリーダー が切れにくいということ。デメリットは根がかりした時に道糸からなくなってしまい、PEラインが短くなってしまうことです。

逆に細くすると、ショックリーダー で切れてしまう可能性が高まりますのでそこは個人の好みだと思います。

僕は道糸がなくなるのが嫌なので、ショックリーダー をPEラインよりも細くするようにしています。

ルアー

ルアーはジグの40グラムから80グラムまでを揃えておけばいいです。ただ先ほど紹介したコルトスナイパー BBだと、80gは振り抜きづらいです。個人的には40から60グラムのジグが一番操作性がいいです。

また、ジグだけ揃えるのもいいですが、同時にミノーなどのプラグを持っておくと釣りの幅が広がります。

ジグは堤防や磯からなど、ある程度推進があるところからの攻めを非常に得意としますが、浅いところでの攻めは根掛かりするので得意ではありません。

僕もたまにサーフや磯(そこまで深くない)からジグを投げることがありますが、ほぼ100%の確率で根がかりします。

そんな時に活躍するのがミノーですね。特にこちらのショアラインシャイナー125は使い勝手が良くて、とても重宝しております。ただ深く潜りすぎる時があるので、あまりにも浅すぎる時はフローティングタイプのものがおすすめです。

ショアラインシャイナー125S-DR 【おすすめ】ショアラインシャイナーZ セットアッパー125S-DRを使った感想

スプリットリング

ルアーとラインの結合部分に使います。スナップを使用すると大物に壊される可能性があるため、スプリットリングと呼ばれるものを使用しましょう。

ただルアーの結合に時間がかかる+専用の道具が必要なので、多少手間ではありますが・・・

ルアーのサイズと合わせたものを選びましょう。

プライヤー

スプリッドリングを開いて、ルアーを結合するために使うものです。素手では無理なので、この道具が必須です。

またスプリッドリングを開くためだけではなく、ラインカットや針外し、重り潰しにも使うことができるのでかなり便利です。

タモあみ

どこで釣りをするかにもよりますが、堤防や磯だと大物がかかっても持ち上げられません。なのでタモあみが必要になります。

ただ僕はタモあみって買ったことないんですよね・・・なので大きい魚がかかっても持ち上げられず、近くの魚を上げられそうなところまで魚を引っ張って持っていくということをしています。

人が少ないところであればそれでもいいのですが、人が多いと当然タモあみで魚をすくう方がいいでしょう。

タモあみについては僕の知識が少なく、どれをおすすめすればいいのかが判断できかねます。

予算に余裕があれば揃えたい道具類

ルアーボックス

大型のミノーやプラグを持ち運ぶのであれば必須です。普通のタッパー等でも代用が出来ますが、タッパーは針と針が絡まりやすく、ルアーが傷ついたり、針の先端が曲がってしまうことがあるので、ルアーボックスはあった方がいいです。

両面にルアーを収納可能なものが売っていますので、それが使いやすいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です