YouTubeで釣り動画を配信中!!

アメリカ留学の「メリット」「デメリット」を留学経験者が伝えます

希望の炎

アメリカ留学を考えているけど、わからないことがいっぱいあるな・・・

とりあえず留学のメリットとデメリットだけでも知りたい!

といった疑問に答えます。

 

こんにちは、いっせいです。

アメリカに2年半留学をしていました。

その経験から、アメリカ留学の『メリット』と『デメリット』をお伝えします。

アメリカ留学のメリット

虹色

英語力が身に付く

英語力が身に付く。

これはまぎれもないアメリカ留学のメリットです。

しかし、短期間の留学は例外。下の記事のように最低でも1年は留学した方がいいです。英語の伸びが全然違ってきますよ。

【留学】英語が話せるようになる期間は「最低1年間」必要です【体感済み】

専攻を後から選べる

アメリカの大学では、入学するときに専攻を決める必要はありません。

大学1年、2年のうちに一般教養を勉強して、3年生になったら専攻を選ぶという方法を取ることができます。

またコミュニティカレッジから4年制大学に編入できる制度もあります。しかしながら、僕は以下の記事の通り、編入制度はお勧めしません。なぜなら最終的に編入しない日本人たちを多く見てきたからです。

しかし、編入という手もあるんだなということを知っておいて損はありません。

【アメリカ留学】編入よりも、4年生大学に直接入学する方がいいと思う理由

専攻が多い

とにかく専攻が多い。

アメリカの大学では、選べる専攻が山ほどあります。そして、途中からでも専攻を変更できるという柔軟性もあります。

僕自身は、最初写真学部に入学して、その後一般教養に専攻を変更しました。また友達は、美術やアスレチックトレーニング、ビジネスを専攻していました。

積極的になる

アメリカの大学に行くと、必然的に積極性が高まります。

なぜなら、全部自分でやらなければいけなくなるからです。英語がわからなくても、文化の違いを感じても全部自分でやらなければ解決できない。

積極的にチャレンジしていく力がつきます。

挑戦することの大切さ。アメリカ留学を通して気付けたある一つのこと。

日本の常識を超えられる

日本だけで生活していると日本の常識に染まってしまいがちです。

しかし、一度日本から出てみると、日本の常識は世界の常識ではないということに気付かされます。なぜなら、言い方は悪いですが世界には『変な人』がいっぱいいます。いい意味でも悪い意味でも。

それを知ることができるのは、アメリカ留学の大きな魅力。

世界にはいろんな人たちがいるんだなと感じることができます。文化を取っても、人の性格を取っても、違うことだらけ。

その経験を通して、日本の常識を超えていくことができます。

世界中に友達ができる

世界中に友達ができます。

なぜなら、SNSがものすごく発達していて、コミュニケーションを簡単に取れるからです。僕自身留学中に会った友達と、Facebookなどを通じて連絡することは多いです。今の時代は、FacebookやInstagram、そういったツールで気軽に相手と繋がることができます。

さらに、アメリカでは割と気軽にSNS交換をすることが普通です。

なので、積極的に交流して出来たら楽しいですね。自分の世界が広がります。

多様性を認められるようになる

アメリカには多くの国から多種多様な人たちが集まります。

白人、黒人、アジア人、ラテン系、世界各国からいろんな国の人たちが集まるのがアメリカ留学の大きな魅力。その中で、自分がアジア人として存在しているということを深く感じるでしょう。

同時に、その多様性にも触れることができます。

僕が出会ってきた他の国の留学生たちはみんなユニークな人たちばかりでした。ベトナム人の友達は勝手に僕の自転車を使っていました。また、パキスタン人の友達は僕が貸した一眼レフを旅先で失くしてきました(笑)。アメリカ人の同室はいきなり大声で歌い出しました(笑)。

でも、そのような経験が今となっては過去の魅力的な思い出になっています。

日本と外国の違いから考えること

アメリカ留学のデメリット

ボートを漕ぐ

学費が高い

学費は高いです。

僕が行った大学はアメリカでもかなりの安いところ。一年間で150万くらいでしたからでしたかね。他の大学比べるとものすごく安いです。語学留学なら50万から200万くらいに抑えられますが、大学となるとそうはいきません。

余裕で一年間で500万とか超えてきます

田舎だと移動に不便

アメリカというと『ニューヨーク』や『ロサンゼルス』という都市のイメージがありますが、実際は違います。

アメリカは巨大な田舎です。都市部に留学に行くのなら、移動に問題はありません。

しかし、問題は田舎に留学した時ですね。本当に移動手段がありません。公共バスも走っていないくらいですから驚きますよ。僕の大学は、ワイオミング州の田舎にありましたので、周りには何もありませんでした。

あまりの移動手段のなさに友達は中古車を購入。

何回か彼の車に乗せてもらったのですが、やっぱり車を持っていると違いますね。休みの日は遠くまでドライブに行くことが可能になります。

買い物も困りません。

医療費が高い

医療費が高い。これは事実です。

なぜなら、アメリカでは保険が効かないからです。

僕が歯医者に診察に行った時は、診断と掃除だけで100ドル近くしました。日本だと、2000円ぐらいで済むことですよね。

なので、なにか体調面で心配なことがある場合は、日本で済ませておきましょう。特に歯は出発前にしっかり検査と治療を済ませておきましょう。

孤独を感じる

多くの日本人は孤独になります。

なぜなら、周りの環境になかなか馴染めないからです。なので、日本人同士、同じ国同士で固まるようになります。

しかしながら、個人的には同じ国同士で固まることには賛成できません。

留学生にありがちな事【同じ国同士で固まる】それではもったいない!

人種差別を受ける可能性がある

アメリカは多民族国家です。

しかし、人種差別が完全になくなったわけではありません。

僕が実際に受けたことはなかったのですが、人種差別を見たことはあります。黒人のカップルが白人キッズたちにからかわれていました。

また、中国人の友達はアメリカ人に『中国語のマネ』をされていましたね。

不愉快な思いをするかもしれないということを頭に入れておくといいでしょう。準備ができていれば、あまり傷つかずに済みます。

海外で無意識の人種差別を受けた時どう対処すべきなのか【経験談】

それでもアメリカ留学をするメリットは大きい

ここまで『メリット』『デメリット』を含め色々書いてきました。

結論『メリットが大きすぎてデメリットと比べ物にならない』ということです。

なので、メリットデメリットを考えないことが大切です。留学したいのなら思い切ってしてしまいましょう。間違いなく素晴らしい経験が待っています。

僕自身留学して本当に良かったなと思っています。