YouTubeで釣り動画を配信中!!

無理な友達付き合いは人生に必要ない【友達付き合いに疲れたあなたへ】

青の嵐

こんにちは、いっせいです。

学生時代に「友達と一緒に行動する」ことに疲れて、しばらく1人で過ごす時間をとりました。

友達という人間関係に縛られ、好きでもない誘いに無理して出ていくこともありましたね。

しかし今思えば、完全に無駄な時間を過ごしていたなと後悔しています。

 

タモリさんもこのように発言しています。

  • 「友達も少ない、友達なんかいらないって」
  • 「俺、あの歌が大嫌いなんだよ、小学校に入ったら『ともだち100人できるかな』って。そんなことで人生決めんじゃないよ」
  • 「どんどんどんどん減らしていってるし、切ってく」

と友達を厳選しているそうです。

 

そうは言っても学生時代は何かと友達が大事になってきますよね。

特に中学生、高校生の頃。

その時期は「友達こそすべて」という気持ちを持っている人も多いです。

しかし、それが原因で疲れてしまったり、自分を追い込んでしまったりすることもありますね。

現に自分がそうでした。

 

今回はそんな方に向けて書きました。

基本的に、友達との付き合いに悩んでいたころの過去の自分に向けて書いています。

無理な友達付き合いは人生に必要ない【友達付き合いに疲れた方へ】

1人

友達付き合いはそこまで重要ではないと気づきました。

僕は今22歳ですが、このことに気づいたのはつい最近です。

それまでの人生、特に中学校や高校生時代は今とは違う考え方を持っていました。

 

かつては「友達はいっぱいいた方がいい」という勘違いをしていて、完全に消耗していましたね。

友達が集まって楽しそうに話していると、無理にその輪の中に入ろうと頑張っていた時期もありました。

また「ぼっち」という言葉が流行していて、ひとりぼっちは寂しい、恥ずかしいという風潮が学校に広がっていました。

なので、周りの目を気にしてひとりぼっちにならないような努力をすることも・・・

 

しかし、ある時にその環境に疲れてしまい、無理に友達付き合いをしないように自分の行動を変えてみました。

 

すると気づいたことがあります。

それは、

  • 友達がいなくても全く問題ない。
  • ひとりぼっちでも、全然恥ずかしくないし、むしろ自分で行動できることはすごい。
  • 友達付き合いに悩むぐらいなら、自分の好きなことに没頭した方がいい。

ということです。

今考えると、それまでにしていた友達付き合いは完全に時間の無駄でした。

そう思う理由は次に続きます。

無理な友達付き合いが時間の無駄だと考える理由

誤解して欲しくないのが、僕は完全に「友達はいらない」と言っているわけではないということです。

本当に気の合う人で、話していても楽しいし自分の意見を正直にいうことができる。

いわゆる親友のような関係なら、全く問題ありません。

 

しかしながら、ただ単純に友達が欲しいから、

ひとりぼっちになりたくないから、

自分だけ輪の中に入っていないと恥ずかしいから。

 

といった理由で友達と付き合うのなら、それは時間の無駄です。

 

そのような友達付き合いが重要じゃないと考える理由は以下の通り。

  • 時間を消費する
  • お金を消費する
  • 単純に疲れる
  • 自分の好きなことをやっている方が、スキル的にも将来的にも役に立つ

上記を深掘りします。

時間を消費する

友達付き合いで一緒にどこかに出かけるとなった場合、あなたはどういった気持ちで出かけますか?

ワクワクするなら、問題ありません。

しかし、もしそれが嫌々なら今すぐにでもその誘いを断るべきです。

なぜなら時間を消費するから。

時間は私たちが想像しているよりもはるかに重要で、その時間をどう使うかによってその後の人生に大きく関わってきます。

 

嫌々友達付き合いをして楽しくもない場所にいなければならないのなら、その時間で自分の好きなことに時間を使いたいと思いませんか?

好きなことは、ゲームをしたり漫画を読んだりでも構わないと僕は考えています。

辛いことよりも、自分が好きなことを選んだ方が人生楽しいですからね。

友達よりも自分の好きなことを優先するという姿勢は決して悪いものではありません。

お金を消費する

無理な友達付き合いは無駄なお金も消費してしまいます。

無理な友達付き合いということは、あまり本音が話せない間柄ということ。

すると、食べたくもないご飯を食べたり、行きたくもないところに行かなければならないこともあるかもしれません。

自分だけ違うレストランに行くという選択はなかなかしずらいですもんね。

無駄な友達付き合いは、無駄なお金の消費も促します。

単純に疲れる

無理な友達付き合いをすると、単純に疲れます。

僕がそうでした。

仲良さそうに話している友達の輪に入らなければならないと一生懸命になったり、

わざと楽しそうにふるまわなければならなかったり、

みんなと行動を合わせなくてはならなかったりと、

疲れることが盛りだくさんでした。

 

こういうことが得意な人は楽しいでしょうけど、僕はそうではありませんでした。

どちらかというと、引きこもって自分の好きなことに没頭する方が得意といったタイプです。

学校や組織では、前者の方が目立ちますし、人気者になりやすいですよね。

しかし、そうではない人が無理にそれに合わせているとかなり疲れます。

 

というか、本当にしんどくなって早くこの場所から逃げ出したいと思うようになります。

なので、友達付き合いに疲れてしまう人は自分1人の空間を作ってしまうことをオススメします。

全然恥ずかしいことではありません。

組織や学校という環境が特殊なだけです。

自分の好きなことをやっている方が、スキル的にも将来的にも有望

  • いつも仲間と群れて過ごす。
  • 自分の世界に没頭する。

どちらが将来的に有望でしょうか?

 

色々意見はあると思いますが、僕は後者だと思います。

『自分の世界に没頭する』人の方ですね。

 

確実にこの人の方が成果を出していけると思います。

いつも仲間と群れて、冗談をいっているだけの人が将来的に伸びる人でしょうか?

何かスキルをつける努力をしているでしょうか?

僕はそうは思いません。

 

一方で、後者はかなり将来的に有望ですね。

周りの雑音に紛らわされずに自分のやりたいことに集中できるということはかなりすごいことです。

組織には向かないかもしれませんが、個人で確実に成功していける資質を持っています。

友達とうまく付き合えないからって落ち込まないでほしい

天の川銀河

友達付き合いに消耗してしまうなら思い切って「1人の世界」を作ってしまいましょう。

そのほうが自分も消耗しなくて済む、自分の好きなことをスキルアップできる、いいことが多いです。

 

そして、友達とうまく付き合えないということに落ち込む必要はありません。

多くの人たちが孤独という怖さに負けて、仲間で群れる選択をすることが多いです。

しかし、その環境ではなく1人で自分の時間を過ごせることの方が、はるかにすごいことです。

 

また、単純に友達付き合いに疲れてしまうのなら、それはあなたの精神状態によくありません。

学校や組織は孤独でいる人が生きづらい場所です。

無理に自分を合わせたりしなくて構いません。

嫌われたって構いません。

もっと自分が生きてみたいように、行動することの方が大事ですね。

 

・・・ということで今回は以上にします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(O)m