YouTubeで釣り動画を配信中!!

イエローストーン国立公園の見所はこれだ!【8回行った経験から伝える観光情報】

バイソン

この記事は、

『イエローストーン国立公園って行きたいけど、実際はどんなところなんだろう?』

『何があるんだろう、わからないことが多くて不安だな』

という方の疑問に答えます!

まずはじめに、

ぼくの通っていた大学は、イエローストーン国立公園の東側にあり、車で向かえば1時間ほどの距離です。

週末になると、定期的に留学生を対象としたツアーが開かれます。

ぼくはそのツアーを利用、また個人的にイエローストーン国立公園に行き、これまでに合計8回行くことに成功。

その経験から、皆さんにイエローストーンのリアルをお伝えします。

イエローストーン国立公園ってどんなところ?

まずはじめにイエローストーン国立公園に着いて驚くこと。

それは、とにかく広い!

面積は四国の約半分もあるのだから当然です。

行く前に知っておきたい情報

まず、車がないと公園内を回るのは圧倒的に厳しいです。歩いて気軽に回ろうというのは無理だと思ってください。いや、無理です。

なので、自由に移動できるレンタカーで来ることをオススメします。

そして、最低でも2、3日は日数をとりましょう。1日で満足するのには無理があります。

ちなみにレンタカーを借りられるのはワイオミング州では22歳からです。

イエローストン国立公園の見どころ

グランド・プリズマティック・スプリング
Grand Prismatic Spring

間欠泉

この大きな虹色の間欠泉がイエローストン国立公園の大きな見どころです。

近くの丘にはこの間欠泉を一望できる展望台があります。この写真はその展望台から撮りました。

すぐ脇に遊歩道があるのですが、それでは湯気にも隠れて一部しか見ることができません。

オールドフェイスフル・ガイザー
Old Faithful Geyser

噴水

35分から120分おきに、一定の間隔で間欠泉から温泉水が噴き出します。

近くのビジターセンターに行くと、次の噴水がいつ起こるか、時間を確認することができます。

割と迫力があって、それも2分間ぐらい噴き上げているので行ってみて後悔はありません。

イエローストーン・レイク
Yellowstone Lake

湖かなりでかいカルデラ湖。とても大きいので向こう側の岸が見えません。

穏やかな日には水がとてもないでいて綺麗です。

グランドキャニオン・オブ・ザ・イエローストーン
Grand Canyon of the Yellowstone

イエローストーン巨大な渓谷。下までを見ると相当深く、高さ94mの滝も見所。

峡谷

両側の壁はピンク色と黄色に見えます。

ウエストサム
West Thumb

間欠泉

綺麗な青色の間欠泉を見ることができます。

間欠泉

遊歩道からは湖が見えて、軽く歩くのにはちょうどいい場所。

野生動物

 

正直言って野生動物は見れます。

バイソン

しかし、ほとんどの野生動物がバイソンという。ほぼ確実にバイソンを見ることができます。バイソン好きにはまさに聖地。

あとは、鹿も若干いますね。

鹿

『野生動物見放題!やったあ!』と期待していく人はちょっとがっかりするかもしれません。

実際ぼくもかなり野生動物を期待したのですが、いるのはどこに行ってもバイソンばっかり。

最初はかなり興奮しました。

しかし、なれというのは怖いもので、まるで牧場の牛のようにバイソンがいるものですから、次第に見慣れてきます。

クマがいる場合は、そこに車がかなりの台数止まっていますから、すぐにわかります。

ご飯食べられるところってあるの?

まあないです。と思った方がいいですね。

レストランがビジターセンターに若干数入っているのですが、軽食しか食べられません。サンドイッチとかです。

あまりにも何もなかったので、ぼくの場合はカップラーメンを買ってその場で食べていました。

なので、事前にスーパーかなんかで食べられるものを持っていきましょう。

8回行った経験から伝えるイエローストーン国立公園の魅力

アメリカに来たのなら一度は訪れて損ありません。

そのくらいの規模で迫力があります。

見る場所が多いですが、移動は全て車になるので運転は大変。さらに、一つ一つの観光地が離れていますから長時間ドライブは避けられません。

なんども言いますが最低でも2日は日数をとりましょう。1日ではとても回りきれません。

行った方がいいところは、巨大な間欠泉と、巨大な渓谷、そして噴水です。

その道中にはバイソンがのそのそ歩いていますので、『動物ちょっと見れればラッキーかな』という人には満足できる内容になっています。

 

それでは、

今回はイエローストーン国立公園の見所はこれだ!【8回行った経験から伝える観光情報】についてお伝えしました。

日本からだと、なかなかアクセスしにくいところにありますが、人生で一度は行って後悔ありません。

地球の力を肌で感じてみてください!